院長あいさつ

デイケア西部リハビリテーション内科

脳卒中の治療は予防に勝るものはなし

私は、これまで済生会熊本病院、熊本赤十字病院、地域医療センターなどで、脳神経外科医専門医と して主に救急医療に携わってきました。 その経験を生かし、脳神経外科を中心とした総合的な医療機関として平成13年7月に開業したのが西部脳神経外科内科です。

近年の医学の進歩はめざましく、脳神経外科においても手術により一命をとりとめる例も増加しまし た。しかし脳卒中(脳出血、脳梗塞など)の程度が重症な場合は救命は困難であり、社会復帰の可能 性も低いこともまた事実です。

私たちは「脳卒中の治療は予防に勝るものなし」と考えています。ですから、脳卒中の原因となる危 険因子の早期発見と早期治療が最も重要です。 また、脳卒中の予防は全身の健康を管理すること。当院では最新の設備機器を備え、脳疾患のみなら ず循環器、呼吸器、消化器といった全身の疾患の治療も行っています。

日常の健康管理から脳疾患の治療、あるいは近年問題になっている痴呆の対策まで幅広い医療活動 を通し、「脳卒中にしない、させない医療」を心がけ、地域の皆様に信頼される医療機関を目指し ています。


日本脳神経外科学会認定専門医 院長 池田 順一

日本脳神経外科学会認定専門医 院長 池田 順一


山鹿市出身、昭和29年11月6日生まれ。
昭和57年熊本大学医学部卒業後、熊大医学部脳神経外科入局。 これまで済生会熊本病院、熊本赤十字病院、地域医療センターに勤務。 地域医療センターでは脳神経外科部長を務めた。
平成13年7月に西部脳神経外科内科、 平成16年4月に光の森脳神経外科内科を開業。日本脳神経外科学会認定専門医。




スタッフ紹介

スタッフ紹介

より一層良質な医療と、あたたかい看護サービスを提供出来る様にスタッフ一同がんばっています。

このページの先頭へ